マインドフルネス

マインドフルネスという言葉を聞いたことがありますか。ストレスがたまる社会の中で生活していると当然のように心が弱ってきます。マインドフルネスは禅のように瞑想して心を落ち着かせるようにできることです。これは最近の脳科学で証明されています。

マインドフルネスによってストレスを抑え、心を落ち着かせることです。似たようなものに般若心経の写経があります。写経の場合は最初のうちはうまく書けませんが何枚も書いていき慣れてくると同様の効果があります。
人間は外界との反応を新陳代謝で受け止めようとしています。大きな圧力がかかるとそれに反応することです。体を押されれば押し戻そうとすることです。しかし、押しかえせない負荷がかかる、あるいは返せないと思われるような圧力がかかるとどうしようかと不安になります。これがストレスです。これが長期にわたると”うつ”てき状態になります。

“イヤ”な状態は誰だって避けて通りたい。そこから逃げ出したいと思います。でも短いようでも長い人生の中には避けては通れない道もあります。慣れてくるとマインドフルネスで瞑想することによってあるがまま、そのままに受け入れることができます。心の中の怒り、迷い、不安といった心の散乱やひづみ歪を整理していきます。心のちょうどパソコンのディスクをフォ-マットして初期状態に戻すような働きです。

心配な子宮筋腫が14日で改善する

 子宮筋腫の対策には「14日間で改善する子宮筋腫」がおすすめです。
生理の量が多くなったり生理の時に痛くなったりすると気になるのは子宮筋腫です。特に出血、腰痛、頻尿などの症状が出てくる時にはまず至急筋腫を疑ってみるべきです
子宮筋腫は女性のホルモンバランスが崩れるためにおこるので直接に死に至る病気ではありませんが早めのホルモンバランスを整える対策が必要です。
至急禁書(トイレが近い)等があります。症状は、できた場所によってまちまちですが、子宮の内側にできた筋腫は小さくても症状が強く、月経量が多くなります。逆に子宮の外側にできた筋腫は相当大きくなっても症状がでません。ですから、治療法もできた場所や症状によって異なってきます。若い人では妊娠しにくくなったり、流産しやすくなったりするのも大きな問題です。
子宮筋腫が14日で改善

1日20分57日で「どもり」が改善する

話しをしようとする時に、どうしても言葉がスム-ズに出て来ず、どもってしまう。タイミング良く相手の言葉に反応しようとするとなおさら、言葉が出てこなくなり、短い吃音が先に出てしまう。言葉がどもってしまうのは色々な原因があるようです。
ひどいどもりでも短期間で改善する方法があります。